ジョーリン在籍時のDP

1991年、こんなセットリストだったらしい。

BURN~Black Night~Long live Rock’n Roll~Child in Time , Truth Heats , The cut runs
deep~Hush , Perfect Strangers . Fire in the basement , Love conquers all .
Difficult to cure , Knocking at your back door , Lazy~ Highway Star , Smoke on
the water~King of Dreams~Woman from Tokyo

レインボーの曲も入っている事に驚く。

リッチーとジョーリンだから、とは言えるかもしれないが。

 

もしも

もしもジミヘンが生きていたら。

後期はファンク寄りになっていった事から、重たいファンク・ロックをやっていただろうか。

もしくはフリージャズの様な世界に行っていたかもしれない。

それか、クラプトンの様に歌に力を入れて、シンガーとしての認知が上がっていった可能性もある。

それで時々トラディショナルなブルーズをやる。

想像は尽きないが、あまりにも短い活動期間だった。

アンセム

ジャパニーズ・メタルの代表格とも言えるアンセム。

1992年の解散から、2000年のグラハムボネット参加アルバムを経て再結成。
それからもう、13年も続いている事になる。

元メンバーも様々な紆余曲折を経ており、そこからまた始まったというのは凄い事だと思う。

柴田直人の病気が大変心配なところ。

復活祭

往年のバンドが最盛時のラインナップで復活する流れも、だいぶ定番となってきた。

音楽も金がなけりゃできないので、当たり前ではある。

それもそうだけど、当事者たちも年齢を重ねて以前のイザコザやなんかも、キレイに流せる様になっているのではないか。

ヴィンスニールが戻ったモトリーとか、ヴィンス解雇時にはそれこそ、絶対無いと思われた事だった。

Mr.Bigですらオリジナルメンバーで再結成されたのだから、何でもアリだ。

ヴィンテージサウンド

ヴィンテージサウンドは奥が深い。

60年代や70年代の太い音。

カールコードをアンプに直で繋いで、ぶっとい音にする。
変に飾らずに、武骨な音づくりの基本だ。

どうやってもいい訳ではない。魂をこめて直球勝負だ。

枯れた音がまた良いのだ。ストラトでもギブソンでも。

一発屋のヒット

一発屋として記憶に残るアーティストは、意外に多い。

あまりにヒットが大きかったから一発屋と言われる訳で、多くのヒットに恵まれなかったアーティストよりよっぽど恵まれている。

「マイシャローナ」のナックがまず最初に浮かんでくる。そのイントロだけで、耳にした事の無い人は殆ど居ないんじゃないか、とさえ思うメジャー曲。能天気なロックンロール。

ところが、ナックにはヒット曲があと2曲あったらしい。

これぞ思い込み。

90年代にはシャンプーなんていう、ガールズポップが居た。
「トラブル」が物凄く売れていた記憶がある。

コーナーストーンズ

シングライクトーキングの佐藤竹善による、カバーアルバムシリーズ。

第一作目は、AORやポップスやスタンダードの名曲揃い。

あくまで原曲に忠実ながら、ところどころ絶妙にアレンジされていて聴きごたえがある。

私は5曲目のプロミセス・プロミセスの爽快感が特にお気に入りだ。

それにしても、竹善という名前とこのお洒落な歌声のギャップが面白い。
竹の様にすくすくと育って欲しい、という願いを込めた命名なのだと言う。

http://www.nobelchermann.com/