デモは”ラップ”で?

「民主主義って何だ」「安倍は/やめろ」など、ラップのリズムに合わせて警戒に響くコール&レスポンス。昨年盛り上がりを見せたシールズの街頭デモで頻繁に見られた光景だ。かつてはロックミュージックが反体制的で、政治的メッセージを内包する「若者の音楽」の代名詞だったことを思えば、「時代は変わった」と言えるのだろうか。
世界各地でベトナム反戦デモが沸き起こった1960年代、ローリング・ストーンズは「ストリート・ファイティング・マン」で「だって夏が来たんだ/『街路でたたかう奴』にとってはいい季節さ」と歌った。
今年亡くなったデビッド・ボウイは冷戦時代の87年、旧西ドイツで開いたコンサートでスピーカーの一部を東ドイツ側に向け、ベルリンの壁の向こうの若者たちに「ヒーローズ」を熱唱。日本では、故・忌野清志郎が「君が代」をパンクにアレンジして論争を巻き起こし、ミスターチルドレンの桜井和寿は「bank band」で環境問題に積極的に関与。
ロックはその力強いビートに反体制や反骨、社会への皮肉などの精神を込め、若者を熱狂、鼓舞させてきた歴史を持つ。ところが、最近注目を集めているシールズや高校生のデモで存在感を見せたのはラップミュージックだという。安保法成立を受けて東京・渋谷で開かれた抗議イベントでは、シールズとラップグループのスチャダラパーの共演が話題になった。
米国音楽史に詳しく、「文科系のためのヒップホップ入門」などの著作もある慶応大学の大和田教授は「震災以降、原発批判をはじめとした政治的メッセージを唱える日本語ラップがロック以上に数多く生まれ、実はこの手の運動との親和性が非常に高い」と話す。
「今の時代、人々は音楽に対し『聴いた時に自分が心地よくなること』を求める傾向が強まっている。『ロックが反抗の象徴とされた時代があった』といった文脈は、そうした楽しみ方をするうえでは夾雑物になる。つまり、ロックは歴史アイテムの一つになるつつあると言え、『アイドルがロックバンドをやる』ケースに象徴されるように、ロック的な意匠や様式が用いられたとしても、そこに反抗性を感じ取る人は少なくなっていると言えるでしょう」とのこと。
時代が変われば、「反抗の音楽」として多くの人が支持する音楽も変わってくるのだな。