LINE MUSIC

ティザーサイトが先だって公開されていた『LINE MUSIC』が6月11日に本公開となった。
『LINE MUSIC』は月額1000円、500円のプランから選べる定額制オンデマンド音楽配信サービス。楽曲は新譜を含む150万曲以上をラインナップ。エイベックス、キングレコード、ソニー、コロムビア、ポニーキャニオン、ユニバーサル、ワーナーミュージックなどレーベル23社、プロダクション5社と提携し、西野カナ、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、シェネル、長渕剛、浜崎あゆみなどを代表する人気アーティストの楽曲を配信するとのこと。
サービスオープン記念に、6月11日から8月9日までの2か月間無料で楽曲を効き放題できるそうだ。
利用するには専用アプリ『LINE MUSIC』をダウンロードする。LINE認証によるログインもでき、その場合LINEの友だちとの音楽共有機能を利用できる。ホーム画面のTOPバナーには新譜アルバムやトピックなどが掲載されており、”ピックアップ”には注目の単曲が紹介されている。他にもプレイリストによる楽曲の紹介もあり、もちろん検索機能でピンポイントで目当ての楽曲やアーティスト検索することもできる。
『LINE MUSIC』を視聴中にシェアマークを押すと友だちやグループのトークに共有したり、LINEのタイムライン上に送信することも可能だという。トークに送信された楽曲は、iPhoneならアプリを開かなくてもLINEの画面上で楽曲をフルで効くことが可能だそうだ。
『LINE MUSIC』は現在iOS、Androidアプリの公開だが、今後7月中をめどにブラウザ版の提供も予定されているとのこと。ストリーミング音楽サービスが出そろいつつある今、音楽を聴く文化も変わりつつあるのかもしれない。

ハリセン箕輪、黒い前歯抜く

人気ン二人組お笑いコンビの「ハリセンボン」の箕輪はるかが、この度黒ずんだ前歯を白くするという。
イジられる笑いの「チャームポイント」でもあったが、一方で長年のコンプレックスでもあった。そして、ついに治療を決意したという。
8日放送のTBS系人気番組「私の何がイケないの?」で、生まれ変わった「新はるか」の姿が初披露されるという。
学校の帰り道、転んでコンクリートに思い切り歯をぶつけてしまったのが小学3年の時のこと。歯の神経が死んでしまい、1~2週間後に歯の色が変化したという。
母に治療を勧められるも、シングルマザーという家庭環境もあり、子供心ながらに遠慮してしまったという。
以来、ずっと黒ずんだ前歯に引け目を感じていた。
売れっ子になったはるかだが、黒ずんだ前歯のため、「グルメリポートで料理がおいしそうに見えない」という悩みもあったという。
そして今回番組内の企画で大きな決心をした。