お宝のレコードをハイレゾ音源で永久保存

温室に独特の味わいがある昔のレコード。最近は新譜がレコードで発売される動きもある。しかしレコードプレーヤーを持っていないという人も多いだろう。そこで再生機器を持っていない人におすすめなのが、レコードを簡単にデジタル化出来るプレーヤーだ。本体のUSB端末にUSBメモリーを挿して録音できる機種や、CD-Rに直接ダビングできる複合機も人気を呼んでいるそうだ。レコードならではの音質を気軽に楽しむには「ハイレゾ音源」としてパソコンに取り込むという手がある。CDスペックを超えるハイレゾなら、高音質を思う存分堪能できる。レコードはホコリや傷に気を遣うが、デジタル化してしまえば気軽に高音質を楽しめる。またプレーヤーを持っている人もレコードを高音質のまま堪能できるようハイレゾ音源化しても良いだろう。CDはサンプリング周波数が44.1kHz、量子化ビット数が16ビットなのに対してハイレゾは96kHz/24ビットと高く、音質が良い。MP3形式による録音では音を非可逆圧縮するため音質が劣化するが、WAV形式のハイレゾならその心配は無い。レコードのようなアナログ音源をハイレゾ化するにはアナログ入力に対応したUSB DACが必要になる。パソコンに取り込むには付属製品の音声編集ソフトが必要になるとのこと。ただ、いくら高音質のハイレゾで録音しても、レコード特有のノイズが消えるわけではない。それも味わいのひとつだが、どうしても聞き苦しい場合はノイズ除去機能というものも利用できるそうだ。お宝レコードを気軽に聞くにはハイレゾ録音で保存するのが良さそうだ。