各キャリアとも…。

「自分の子供にスマホを買ってやるのは構わないけど、高い価格のスマホは経済的に無理がある!」と感じる親御さんは、10000円もあれば手に入れることができるSIMフリースマホに決定したらいかがでしょうか?
SIMフリータブレットと呼ばれているものは、利用できるSIMカードに規定がないタブレットなのです。ソフトバンクやdocomoなどの通信事業者がセールスしているSIMカードやMVNOが売っているSIMカードが使用可能です。
各キャリアとも、他社のサービスを利用中のユーザーを乗り換えさせるために、古くから自社にて契約中のユーザーの機種変更と比べて、他社からMNPを利用して乗り換えるユーザーを特別待遇しており、何種類ものキャンペーンを提示しています。
この何年かでいつの間にやら浸透してきたSIMフリースマホに関して、色んなタイプが用意されていますので、おすすめのランキングにしてみましょう。
長い間携帯会社で契約した端末や回線を利用するという約束で、携帯電話を使うしかありませんでしたが、今ではMVNO事業者によるシェア合戦で、格安スマホが一段の低価格になってきました。

「携帯電話機」だけを取りあげますと、ただの端末器具ですので、これに電話番号が保持された「SIMカード」と言われているICチップをセッティングしなければ、電話機としての役目をすることができないというしかないのです。
各キャリアの間で、通信仕様とか周波数帯に違いが見受けられない海外については、SIMフリー端末が通例で、重宝することに所有したSIMカードを複数台の端末で利用できます。
スマホとセット形式で売られることも多いですが、粗方のMVNOにおいては、SIMカードだけ買い求めることが可能です。換言すれば、通信サービスのみの申し込みも可能だというわけなのです。
初めは、価格が抑えられているタイプに人気が集まっていたMVNO対象のSIMフリー端末だったそうですが、ここ数年は中間価格帯のモデルが人気で、システム的に不具合に見舞われることはなくなったという話を聞きました。
様々な事業者が参入したことが要因となり月額500円前後のサービスが当たり前になるほど格安SIMの低価格化が進行しています。SIMフリー端末を利用すれば、この低価格なプランを限度無く堪能できます。

我が国の大手通信キャリアは、自社が開発・販売中の端末では他社の携帯電話のSIMカードを挿入しても機能しないようにしています。これが、要するにSIMロックと称される対策なのです。
電話もあまり掛けることがないし、ネットなどもほぼ使わないと口にする方にすれば、3大キャリアの料金は相当高いものになります。そんな方おすすめできるのが格安スマホだと言えます。
SIMフリースマホを買い求める際は、格安SIMカードの通信方式と周波数帯を検証し、それに対応するものを買い求めなければ、音声通話もデータ通信もOUTです。
ヨドバシカメラやビックカメラなどで販売している格安SIMは、スマホとセットという形になっていますが、格安SIMの本来の特長は、気に入った端末で使用してもOKだということです。
格安SIMを使うことができるのは、よく聞くSIMフリーと称される端末のみということです。大手の電話会社3社から売り出されている携帯端末だと使用することはできない規格となっています。

ピンクのトンボ

セミの声はまだ聞こえるが、トンボが増える時期になってきた。外を歩いていると、3~4匹は視界に入る。
今、近畿でベニトンボが増えているという。ベニトンボはあざやかなピンク色をしていて南方じから来ており、和歌山では6年前に確認されて以来、北上していることが分かっている。
熊野自然保護連絡協議会の南敏行会長によると、ベニトンボは毎年発見されており「これからさらに目撃情報が増えてくるだろう。あと1、2年で定着する可能性がある」とのことだった。
日本で見ることができるのは沖縄、九州、四国の他、本土でも和歌山と三重で確認されている。本当にきれいなピンク色なので、ぜひ一度画像を見てみてほしい。

軽トラックが電動車いすに追突

12日の午後7時40分ごろ、75歳の男性が運転する軽トラックが北向きに走行中、センターライン周辺を北向きに走っていた電動車いすに追突しました。
車いすに乗っていたのは89歳の女性で、頭を強く打ち病院で亡くなりました。
事故現場は、和歌山県九度山橋南詰の県道でした。
なぜ事故は起きてしまったのでしょうか。
ご老人の方は、いやでも動きや反応が遅くなるものです。
ご老人を責めているわけではありませんが…
高齢の方が乗り物を運転するっていうのは、考え直したほうがいいな、と思いました。
自分では大丈夫と思っても、やはり危険な部分はたくさんあるので怖いですね。

リオ五輪入場券、売れ残り3分の1も

南米初となる、ブラジル・リオデジャネイロ五輪の開幕があと3週間後に迫まっています。
そんななか、現時点で約3分の1近くのチケットが売れ残っているというのです。
リオオリンピックの組織委員会の広報担当者が明らかにしたとのことです。
その声明によりますと、販売可能なチケットのうちこれまでに売れたのは全体の7割強のこと。
ただこの数字は「販売目標を上回っている」とポジティブに回答をし、最終的にはチケットの完売を目指していると説明しています。
売れ残っているチケットは約170万枚・・・。
果たして完売という大きな目標をクリアすることはできるのでしょうか・・・?

世界初、うたた寝するサメの映像

世界最大のドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」が、「うたた寝」するサメの映像を公開して話題になっている。追跡装置を使うことで撮影できたメスのサメの映像だ。
サメは泳ぐことをやめると死んでしまうため、寝ながらでも泳ぎ続ける習性をもっている。今回撮影された映像では、口をあけたままから体をほとんど動かさずに泳いでいた。
その様子から寝ていることがわかり、日中エサを求めて泳ぎ回るサメも、夜間は休むということがわかった。
イルカやクジラといった哺乳類は、右脳と左脳を半分ずつ休めることで泳いだり呼吸したりするが、サメは一体どうなっているのだろう。

ジャンプして女湯をのぞき見…中学の元校長逮捕

ジャンプして女湯をのぞき見したとして、中学校の元校長の男が逮捕されたそうです。
逮捕されたのは、石川県教育委員会の非常勤職員で元校長の山本秀紀容疑者(62)。
警察によりますと、山本容疑者は22日午後5時ごろ、石川県白山市の入浴施設で、男性用の浴場でジャンプして壁越しに女性用の浴場をのぞき見した疑いが持たれているとのことです。
山本容疑者は「女風呂の構造がどうなっているか見たくてのぞいた」などと容疑を一部否認しています。
いい歳した大人が何をしているんだ…と、一言言いたくなりますね。
そんな情けない逮捕のされ方を報じられ、本人は何を思うのでしょうか。
反省し、改心してほしいですね。

スマホの通信速度、夏にも2倍に

スマートフォンの通信速度が大幅に上がるそうだ。総務省の有識者会議が24日、端末のデータ送信を最大2倍、受信を最大1.33倍の速さにできる新技術の使用を認める答申を出したという。8月にも省令改正などの手続きを終える方針で、そのご携帯各社がサービスを始める見通しとのこと。
送信には、複数の周波数を組み合わせて使う「キャリアアグリゲーション」という技術を使えるようにするとのこと。例えば2種類の電波を同時に使うことでデータの通り道を広げ、素早く通信する仕組みですでに実用化段階にあるという。スマホで撮った動画などをすぐ送れるようになるそうだ。
受信には、「256QAM」という新技術の使用を認めるとのこと。通信速度は最大で1.33倍になり、電波の状態が良い場所ならネット上の動画などをよりスムーズに見られるようになるという。いずれの技術も実際に使うには新しい端末が必要で、各社は8月以降に発売するスマホに新機能を導入するとみられる。
スマホの利用者が増え、回線が混雑して通信速度が遅いと感じる時がある人もいるかもしれない。新技術の導入によって通信速度が上がれば、多くの人が快適にスマホを使うことが出来そうだ。

熊本地震、学校授業再開へ

熊本地震の被害を受け、避難所なっていたり学校設備の破損などで休校になっていた熊本県内の小中学校で続々と授業が再開されつつある。
教育委員会によると、公立学校の全てが11日までに授業を再開する見込みだという。
再開に向け、事前に教員などが通学路を見回って安全を確認するなど万全を期した。
校舎が被害を受けた学校では、生徒が他地区の学校へ少人数ずつ通わせるなどの対応をしての授業再開となる。
また、体育館などで避難生活をつづける避難者も多いため、他校の教室を間借りしたり、時間で分けて授業をするところもあるという。
今までと同じようにとはなかなかいかないが、生徒たちは久しぶりにあった級友と抱き合い再開を喜んでいる様子だった。
黒板などに絵やメッセージを残して学校をあとにしたボランティアや避難者もいた様で、まだ震災の名残は大きいように感じた。

デモは”ラップ”で?

「民主主義って何だ」「安倍は/やめろ」など、ラップのリズムに合わせて警戒に響くコール&レスポンス。昨年盛り上がりを見せたシールズの街頭デモで頻繁に見られた光景だ。かつてはロックミュージックが反体制的で、政治的メッセージを内包する「若者の音楽」の代名詞だったことを思えば、「時代は変わった」と言えるのだろうか。
世界各地でベトナム反戦デモが沸き起こった1960年代、ローリング・ストーンズは「ストリート・ファイティング・マン」で「だって夏が来たんだ/『街路でたたかう奴』にとってはいい季節さ」と歌った。
今年亡くなったデビッド・ボウイは冷戦時代の87年、旧西ドイツで開いたコンサートでスピーカーの一部を東ドイツ側に向け、ベルリンの壁の向こうの若者たちに「ヒーローズ」を熱唱。日本では、故・忌野清志郎が「君が代」をパンクにアレンジして論争を巻き起こし、ミスターチルドレンの桜井和寿は「bank band」で環境問題に積極的に関与。
ロックはその力強いビートに反体制や反骨、社会への皮肉などの精神を込め、若者を熱狂、鼓舞させてきた歴史を持つ。ところが、最近注目を集めているシールズや高校生のデモで存在感を見せたのはラップミュージックだという。安保法成立を受けて東京・渋谷で開かれた抗議イベントでは、シールズとラップグループのスチャダラパーの共演が話題になった。
米国音楽史に詳しく、「文科系のためのヒップホップ入門」などの著作もある慶応大学の大和田教授は「震災以降、原発批判をはじめとした政治的メッセージを唱える日本語ラップがロック以上に数多く生まれ、実はこの手の運動との親和性が非常に高い」と話す。
「今の時代、人々は音楽に対し『聴いた時に自分が心地よくなること』を求める傾向が強まっている。『ロックが反抗の象徴とされた時代があった』といった文脈は、そうした楽しみ方をするうえでは夾雑物になる。つまり、ロックは歴史アイテムの一つになるつつあると言え、『アイドルがロックバンドをやる』ケースに象徴されるように、ロック的な意匠や様式が用いられたとしても、そこに反抗性を感じ取る人は少なくなっていると言えるでしょう」とのこと。
時代が変われば、「反抗の音楽」として多くの人が支持する音楽も変わってくるのだな。

元トラック運転手女性が会社を提訴

荷物の運搬のため椎間板ヘルニアになったとして、元トラック運転手の女性が運送会社に損害賠償を求めた。
運送会社の営業所に勤務していた元トラック運転手の40代の女性は、約10キロのベニヤ板や、1トンのコンテナなどをトラックに積み込む作業を続けた結果、首の椎間板ヘルニアになった。
労災認定はおりたが、辞めた現在も右肩、腕のしびれ、握力の低下しに悩まされているという。女性は、運送会社の労働に問題があったとして2460万円あまりの損害賠償を請求している。
女性は、「生活がかかっていたので辞めることもできず。女性トラックドライバーを『トラガール』と言って色々やっているが、私の体は今、このような状況なのです。18年間、トラック運転手を続けていて、急に事務職に代わるのも難しい。安心してリハビリできるよう、早く解決してほしい」と話した。
現在の握力はわずか6キロ。ヘルニアは長引くので女性の苦労はしばらく続きそうだ・・・。